前に戻る

Raspbianについて

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP
Image with desktop based on Debian Stretch
Version:June 2018
Release date:2018-06-27
Kernel version:4.14

基本操作

コマンドプロンプト説明

# rootでの操作
$ 各ユーザーでの操作

rootになる

pi
$ sudo su -
rootのhomeに移動する

アンインストール

$ sudo apt-get remove アプリ名

シャットダウン

$ shutdown -h now

piユーザーでのRaspbian設定

piでログインして設定する

デフォルトパスワード

user : pi
pass : raspberry

ラズベリーパイのファームウェア更新(1回だけ実行)

$ sudo rpi-update

パッケージリスト更新(OSインストール後1回だけ実行)

$ sudo apt-get update

アプリケーションの更新(OSインストール後1回だけ実行)

$ sudo apt-get upgrade

rootのパスワード設定

$ sudo passwd root

SSHの有効化

$ sudo raspi-config
「5 Interfacing Options」→「P2 SSH」→「Yes」

言語設定

※しなくてもよい
(1) GUIで左上のラズベリーパイアイコンをクリック
(2) 「Raspberry Pi Configration」を選択
(3) 「Localisation」タブを選択
(4) 「Set Locale」を押す
(5) 「Language」を「ja(Japanese)」、Character Setを「UTF-8」に設定してOKを押す
(6) 「Set Timezone」を押す
(7) 「Area」を「Japan」に設定してOKを押す
(8) OKを押して終了する
(9) Yesを押してrebootする

新ユーザー作成

$ sudo useradd -d /home/kuran -m -s /bin/bash kuran
$ sudo passwd kuran
$ sudo gpasswd -a kuran sudo
再起動

新ユーザーでのRaspbian設定

新ユーザー(kuran)でログインして設定する

パスワードなしでsudoできるようにする

kuran
$ sudo visudo
最後の行に追加する
----------------------------------
pi ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
kuran ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
----------------------------------

色が付いていないとき

$ vi /etc/passwd
kuranに/bin/bashを追加

新ユーザーをpiと同じgroupに追加

$ groups pi
pi : pi adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users input netdev spi i2c gpio
上と同じグループを,区切りで指定する
$ sudo usermod -G pi,adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio kuran

llコマンドがない

vi .bashrc
#alias ll='ls -l'
がコメントアウトされているので#を消して有効化する

新ユーザーのhomeの設定

RaspberryPIを再起動してkuranでログインするとhomeにディレクトリが作成される

piを削除する

$ sudo userdel -r pi

chkconfig

$ sudo apt-get install -y chkconfig
起動設定一覧
$ chkconfig --list
起動設定
$ chkconfig アプリ名 on
起動しないようにする
$ chkconfig アプリ名 off
※設定ファイルは/etc/rc?.d/にあり、/etc/init.d/にリンクされている

MySQLのインストール

※RASPBIAN STRETCHではMariaDBがインストールされる
(MariaDBはMySQL5.6より良い、MySQL5.7があればそちらの方が良い)
$ sudo apt-get install -y mysql-server

$ sudo mysql -u root -p
1)rootのパスワードを########に変える
 MariaDB> set password for root@localhost=password('########');
2)ユーザの作成
 MariaDB>create user "kuran"@"localhost" identified by "########";
 MariaDB>grant all on *.* to kuran@"localhost" identified by "########";
 MariaDB>flush privileges;

apacheのインストール

$ sudo apt-get install -y apache2

redisのインストール

$ sudo apt-get install -y redis-server
確認
$ ps aux | grep redis
起動・停止
$ sudo service redis-server stop
$ sudo service redis-server start
$ sudo service redis-server restart

phpのインストール

$ sudo apt-get install -y php php-mysql php-redis php-pdo php-mysqlnd php-mbstring
ログインセッション時間変更(phpMyAdminと合わせる)
$ sudo vi /etc/php/7.0/apache2/php.ini
session.gc_maxlifetime = 1440
↓
;session.gc_maxlifetime = 1440
session.gc_maxlifetime = 86400

Apacheのエラーページのバージョンを非表示にする/のフッター情報を非表示にする

$ sudo vi /etc/apache2/apache2.conf
「ServerTokens Prod」と「ServerSignature Off」を最後の行に追加する
安全な再起動
$ sudo /etc/init.d/apache2 graceful

phpMyAdminインストール

$ cd /var/www/html/
$ mkdir setup/
$ wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.8.1/phpMyAdmin-4.8.1-all-languages.zip
$ unzip phpMyAdmin-4.8.1-all-languages.zip

phpMyAdminセットアップ

$ mv phpMyAdmin-4.8.1-all-languages phpMyAdmin
$ cd phpMyAdmin
$ cp config.sample.inc.php config.inc.php
$ vi config.inc.php
  暗号化用の非公開パスフレーズの設定
  $cfg['blowfish_secret'] = '';
  ↓
  $cfg['blowfish_secret'] = 'pfejoieofjwieoafehoihowefwefwfaefab';
  ログインセッション時間変更(php.iniと合わせる)
  /* Server parameters */に以下を追加
  $cfg['LoginCookieValidity'] = 86400;

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-10 (水) 14:43:57 (6d)