前に戻る

開発環境の準備

開発環境はWindowsだけでなくLinuxを使います。私はWindowsのwslを使用してubuntuをインストールしました。
また、VirtualBoxにもubuntuをインストールして使っています。実機にububtuをインストールした環境でもビルドできました。
ここではubuntuが既にインストール済みの状態から説明します。

RGNanoの開発環境としてはFunKeyOSで動作するプログラムを作るFunKeySDK、AnbernicOSで動作するプログラムを作るMiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0があります。
FunKeyOSとAnbernicOSどちらでも動作するようにしたい場合はopkファイルに両方のSDKで作ったプログラムを入れる必要があります。

開発環境のダウンロードとインストール

以下Linux上での作業になります。

make

makeをインストールします。makeはFunKeySDK、MiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0どちらでも使用します。

$ sudo apt install make

Funkey SDK

ダウンロード

ホームにFunkey SDKをダウンロードします

$ cd ~
$ wget https://github.com/DrUm78/FunKey-OS/releases/download/FunKey-OS-DrUm78/FunKey-sdk-2.3.0.tar.gz

次にダウンロードしたファイルを展開します

$ tar -zxvf FunKey-sdk-2.3.0.tar.gz

すると「FunKey-sdk-2.3.0」ディレクトリが作成されます。

FunKeySDKの設定

展開しただけではFunKeySDKは使えないため使えるように設定します。
これはLinuxを起動する度に実行する必要があります。
起動時に自動的に設定する事もできるとは思うのですが生憎Linuxについては詳しくないため設定方法は知りません。

$ cd FunKey-sdk-2.3.0
$ source FunKey-sdk-2.3.0

FunKeySDK1.jpg

FunKeySDKについて詳しくはこちらをご覧ください。
https://doc.funkey-project.com/developer_guide/tutorials/build_system/build_program_using_sdk/

MiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0

optディレクトリにMiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0をダウンロードします

$ cd /opt
$ sudo wget https://github.com/MiyooCFW/toolchain/releases/download/v2.0.0/miyoo-toolchain-v2.0.0-arm-buildroot-linux-musleabi_sdk-buildroot.tar.gz

次にダウンロードしたファイルを展開します

$ sudo tar -zxvf miyoo-toolchain-v2.0.0-arm-buildroot-linux-musleabi_sdk-buildroot.tar.gz
$ sudo mv arm-buildroot-linux-musleabi_sdk-buildroot miyoo

MiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0の設定

展開しただけではMiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0は使えないため使えるように設定します。

まずホームに環境設定ファイルを作ります。
nanoで以下の内容を打ち込む。作成するのはただのテキストファイルなので必ずしもnanoを使う必要はありません。

$ cd ~
$ nano env-miyoo

CROSS_ROOT=/opt/miyoo
CROSS_TRIPLE=arm-buildroot-linux-musleabi
SYSROOT="${CROSS_ROOT}/${CROSS_TRIPLE}/sysroot"
PATH="${CROSS_ROOT}/bin:${SYSROOT}/usr/bin:${PATH}"
ARCH=arm
CROSS_COMPILE="${CROSS_TRIPLE}-"

nanoは「ctrl」を押しながら「o」を押すと保存、「ctrl」を押しながら「x」を押すと終了します。

作成した設定を以下のコマンドで反映させます。
これはLinuxを起動する度に実行する必要があります。

$ cd ~
$ source env-miyoo

MiyooCFW Cross-Compile Toolchain v2.0.0について詳しくはこちらをご覧ください。
https://github.com/MiyooCFW/toolchain/releases

OpenPackageCreator

OpenPackageCreatorはWindows用のアプリケーションなのでWindowsにインストールします。 WindowsにOpenPackageCreatorをダウンロードして展開します。
https://github.com/Harteex/OpenPackageCreator/releases

これでRGNano用のプログラムを作成できるようになりました。
手順としては
(1) Linux上でプログラムをビルドする
(2) Windowsで(1)でビルドしたプログラムをOpenPackageCreatorを使ってopkファイルに変換する
となります。

前に戻る


添付ファイル: fileFunKeySDK1.jpg 168件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-19 (火) 18:14:19 (183d)