前に戻る

Intel NUCにUbuntuをインストールする

Intel NUC NUC5CPYH にUbuntu 20.04.2 LTSをインストールしてみました

Ubuntuのインストール

インストール中に表示されるダイアログボックスはボタンの表示が画面に収まらずボタンを押すことができません。
TABキーを何回か押して手探りでEnterキーを押してなんとかインストールを終了させました。
回避方法は不明です。

端末を起動する

左下のアイコンからアプリ一覧を表示して「te」で検索すると出てくる。
うちの環境ではなぜかCtrl+Alt+Tで端末は開かなかった。

IPアドレスを調べる

$ sudo apt install net-tools
$ ifconfig

SSHでログインできるようにする

$ sudo apt install openssh-server
以後外部からSSHでログインできる。ユーザとパスワードはUbuntuに設定してあるもの。

Redisインストール

インストール

$ sudo apt install redis-server

設定変更

$ sudo nano /etc/redis/redis.conf
----------------------------------------
supervised no
↓
supervised systemd
----------------------------------------

再起動

$ sudo systemctl restart redis.service

Redisの動作確認。PONGが表示されたらOK

$ sudo redis-cli ping
PONG

MySQLをインストールする

インストール

$ sudo apt install mysql-server

rootユーザーの設定

$ sudo mysql_secure_installation
「Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG:」の所のみ「0」を指定。あとは「y」。パスワードはMySQLのrootユーザーのパスワードを入力。

rootユーザーでログインする

$ sudo mysql -u root -p

設定を確認

mysql>SHOW VARIABLES LIKE 'validate_password%';

パスワードの長さを4にする

mysql>SET GLOBAL validate_password.length=4;

ユーザーの作成

mysql>create user "user"@"localhost" identified by "########";
mysql>flush privileges;

phpをインストールする

インストール

$ sudo apt install php php-redis php-mysql

バージョン確認

$ php -v

php.iniの場所確認

$ php -i | grep php.ini

phpの設定

$ sudo nano /etc/php/7.4/cli/php.ini
----------------------------------------
;date.timezone =
post_max_size = 8M
upload_max_filesize = 2M
↓
date.timezone = Asia/Tokyo
post_max_size = 1024M
upload_max_filesize = 1024M
----------------------------------------
memory_limitは初めから-1(上限なし)になっていたので変更なし。

Apacheをインストールする

$ sudo apt install apache2
初めから最新版がインストールされていたためインストールされなかった

仮想ホスト作成

$ cd /home/username
$ mkdir public_html
$ mkdir log
$ sudo nano /etc/apache2/sites-available/username.conf
----------------------------------------
<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@localhost
    ServerName localhost
    DocumentRoot /home/username/public_html/

    LogFormat "%{%Y-%m-%d %T %Z}t %D %a %u [%r] %s %b [%{Referer}i] [%{User-Agent}i]" custom
    CustomLog /home/username/log/access_log custom env=!no_log
    ErrorLog /home/username/log/Error.log
    php_value error_log /home/username/log/php_error.log

    <Directory /home/username/public_html/>
        AllowOverride All
        DirectoryIndex index.html index.php
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>
----------------------------------------

confファイルを有効にする

$ sudo a2ensite username.conf

デフォルトのconfファイルを無効にする

$ sudo a2dissite 000-default.conf

confファイルの設定にエラーがないかテストする

$ sudo apache2ctl configtest
Syntax OKなら大丈夫

Apache再起動

sudo systemctl restart apache2

sambaをインストールする

インストール

$ sudo apt install samba

設定

$ mkdir /home/username/share
$ chmod 777 /home/username/share
$ sudo nano /etc/samba/smb.conf
文字コード追記
----------------------------------------
[global]
↓
[global]
   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932
----------------------------------------
設定変更
----------------------------------------
;   bind interfaces only = yes
↓
   bind interfaces only = yes
   map to guest = Bad User
----------------------------------------
共有ディレクトリを最後の行に追記
----------------------------------------
[share]
   path = /home/username/share
   writable = yes
   guest ok = yes
   guest only = yes
   create mode = 0777
   directory mode = 0777
----------------------------------------

再起動

$ sudo service smbd restart

コンピューター名を変更

$ sudo nano /etc/hostname
現在のコンピュータ名が記述されているので変更する
$ sudo nano /etc/hosts
127.0.1.1の行に現在のコンピュータ名が記述されているので変更する

手動でNTFSのUSB HDDをマウントする

デバイス一覧表示

$ sudo fdisk -l
表示例)
デバイス   起動 開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdb1          16065 234436544 234420480 111.8G  f W95 拡張領域 (LBA)
/dev/sdb5          16128 234436544 234420417 111.8G  7 HPFS/NTFS/exFAT

関連付けディレクトリ作成

$ sudo mkdir /media/usbhdd

マウント

NTFSの/dev/sdb5を/media/usbhddに設定する
$ sudo mount -t ntfs-3g /dev/sdb5 /media/usbhdd

自動でNTFSのUSB HDDをマウントする

デバイス一覧表示

$ sudo fdisk -l
表示例)
デバイス   起動 開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdb1          16065 234436544 234420480 111.8G  f W95 拡張領域 (LBA)
/dev/sdb2          16128 234436544 234420417 111.8G  7 HPFS/NTFS/exFAT

UUIDを調べる

$ sudo blkid /dev/sdb2
表示例)
/dev/sdb2: LABEL="RAID1_8TB" UUID="3E04799C0479583B" TYPE="exFAT" PARTLABEL="Basic data partition" PARTUUID="fcddb5de-3bf3-4f68-898c-06773b66b581"

/etc/fstabに設定を追加

$ udo nano /etc/fstab
以下を追記
uuid マウントするディレクトリ ファイルシステム(autoでOK) オプション dump設定 fsckチェック設定
----------------------------------------
UUID=3E04799C0479583B  /media/RAID1_8TB  auto  defaults  0  0
----------------------------------------

Subversionインストール

インストール

$ sudo apt install subversion

ダンプ

$ svnadmin dump リポジトリディレクトリ > ダンプファイル名.dump

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-22 (日) 13:55:20 (60d)