Linux インストール

余っているノートパソコンに
Linux をインストールしてみることにしました。
成功したら自宅サーバーとして活用しようと思います。

インストール環境

本体TOSHIBA DynaBook SS DS50C/1N8M
CPUCeleron 500MHz
メモリ128MB に増設済み (標準 64MB)
HDD40GB に増設済み (標準 6GB)
FDD本体付属の USB FDD ドライブ
CD-ROMI-O DATA CBIDE2(16bit Mode) で接続された CD-ROM
LANcorega FEther PCC-TXD 100M/10M LAN PC Card
この環境では HDD と USB 接続の FDD のみが起動ドライブとなります。
CD-ROM ドライブからは起動できません。
そのため CD-ROM からのインストールはできません。
また、環境によっては USB 接続の FDD が途中から認識しなくなります。

Turbo Linux Server

CentOS

debian

RedHat

フロッピィディスクイメージ作成

フロッピィディスクのイメージファイルを
書き戻すツールとしては下記の dim.lzh があります。
すでにフォーマットしてある 2HD 1.44MB ディスクにのみ書き込むことができます。
16 ビットアプリのためロングファイル名は使用できません。
dir /x で表示される MS-DOS 形式のファイル名を指定してください。

前に戻る


添付ファイル: filedim.lzh 166件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-16 (日) 15:25:56 (2042d)