FTP サーバー

FTP サーバーのメモです。

vsftpd

vsftpd は RedHat9 に標準で入っている FTP サーバーです。
/etc/vsftpd/vsftpd.conf を書き換えることによって設定を変更できる。

vsftpd 設定

anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_std_format=YES
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
listen=NO
use_localtime=YES
#force_dot_files=YES ←なぜかエラーになる

チェンジルートユーザーリストファイル

/etc/vsftpd.chroot_list
に root のみ記述。

ユーザーリストファイル

/etc/vsftpd.user_list
に root と各ユーザー記述。

禁止ユーザーリストファイル

/etc/vsftpd.ftpusers
に禁止ユーザー記述。

xinetd の設定

/etc/xinetd.d/ftpd に以下を記述。
service ftp
{
	flags           = REUSE
	socket_type     = stream        
	wait            = no
	user            = root
	server          = /usr/sbin/vsftpd
	server_args     = /etc/vsftpd/vsftpd.conf
	log_on_failure  += USERID
	disable         = no
}

vsftpd の再起動

/etc/rc.d/init.d/xinetd restart
を実行する。

前に戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-16 (日) 15:25:52 (1987d)